クラングフォラム・ウィーン

チケットを購入する
DEC 2020 Next

プログラムとキャスト

2020年11月18日(水)


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

ヨハネス・カリツケ(指揮


プログラム


ジョン・カリツケ

ヴェルクマイスター・ハーモニーズ(2020年


マティアス・クラネビッター

ピッチと偏差値の大百科(2020年)(UA


フレデリック・セルハ

ミクログラムWV 206 アンサンブルのための(2017-2018、新版2019)(2017-2018/2019)(初演


ジョアンナ・ベイリー

シンフォニーストリート スーベニア (2010-2014) (EA)


2020年12月4日(金


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

ソフィー・リュッケ(コントラバス

ペーター・ベーム(音響監督

フロリアン・ボグナー(音響監督

ピエール=アンドレ・ヴァラード(指揮


プログラム


"溶湯"


イアニス・クセナキス

タレーヌ


パスカル・クリトン

アンサンブルとテープのためのプリス


***


フレデリック・パタール

アウトライヤー(2007年


ヤン・ロビン

トライアド(EA


2021年1月12日(火


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

クラウス・ラング(オルガン

5K HD

ミラ・ルー・コバックス(声

ベニー・オメルツェル, キーボード

マヌ・マイヤー(ベース

マーティン・エベール(トランペット

アンドレアス・レトナー(ドラム

マルクス・ウォールナー(サウンドディレクション

フィネガン・ダウニー ディア(指揮者


プログラム


"超音波


クラウスラング

ピタゴラスファン


5K HD

新作(UA
委嘱:クランフォーラム・ウィーン、ウィーン・コンツェルトハウス


2021年2月9日(火


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

新人ヴォーカルソリスト シュトゥットガルト、ヴォーカルアンサンブル

スザンネ・ライツ=ローリー(ソプラノ

トゥルーイケ・ファン・デル・ポエル(メゾソプラノ

ダニエル・グローガー、カウンターテナー

マルティン・ナギー(テノール

ギジェルモ・アンゾレナ(バリトン

アンドレアス・フィッシャー(ベース

ヨハンナ・ツィマー(ソプラノ

エミリオ・ポマリコ(指揮者


プログラム


"岐路


ジョルジュ・アペルギス

Le cours de la vie「人生の軌跡」(EA)


2021年3月11日(木


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

ローレライ・ダウリング、コントラフォルテ

日本郵船アンサンブル、アンサンブル

フロリアン・ボグナー(音響監督

ペーター・ベーム(音響監督

パトリック・ハーン(指揮


プログラム


"アウラティック・ムーヴメント


アレッサンドロ・バチッチ、ラファウル・ザレック

MIDI Aura (UA)


アレクサンダー・シューベルト

ポイントワンズ (2012)


***


イアニス・クセナキス

カル・パー(1983年


アルベルト・ポサダス

新作(UA


ハンナ・アイマッシャー

オーラ1(UA


***


Klangforum Wien meets NYKYアンサンブル、シベリウス・アカデミー・ヘルスキンキ

アウラティック・ホライゾンズ


2021年4月27日(火


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

ベルンハルト・ザフバー(クラリネット

タイタス・エンゲル(指揮


プログラム


"見捨てられて荒廃した"


クリスチャン・ウィンター・クリステンセン

新工場(EA


ビートファーラー

クラリネットとアンサンブルのためのコンサート(EA


ミレラ・イヴィチェヴィッチ

新工場(EA


アウレリアーノ・カッタネオ

アンサンブルのための設計 (EA)


2021年5月18日(火


出演者


ウィーンサウンドフォーラム

クラシミル・ステレフ、アコーディオン

ドナティエンヌ・ミシェル=ダンサック(ソプラノ

バス・ヴィーゲルス(指揮


プログラム


"孤独な私"


ジョルジュ・アペルギス

ロップドソブ(UA


フランク・ベドロシアン

エピグラム三世


ハビエル・キスラント・ガルシア

庭でオーロラを見る (EA)

***


フランク・ベドロシアン

嘘と形


レベッカ・サンダース

ネザー(EA

 


コンサート終了後

発酵させる 一瞬の一時停止。哲学、建築、宗教、文学、科学、芸術などの人格者が、自分たちの規律を背景に、作曲家、音楽家、一般人との対話の中で、今聞いたばかりのことを問いかける。

ウィーン・コンツェルトハウス

ウィーン・コンツェルトハウスはウィーン国立歌劇場、ウィーン楽友協会に並ぶ、世界でも屈指のコンサートホールです。毎年9月から6月までのシーズン中の来場客数は60万人を超え、2500もの作品を含む、約750もの様々なイベントが開催されます。

19世紀末、人々が「未来のコンサートホール」を夢に見た際、それは伝統色の強いウィーン楽友協会とは異なり、多種・多様なイベント開催が可能でより広い趣味・趣向の人々が楽しめるものでした。実際に建築家のルードビッヒ・バウマンの最初の考案は「コンサート、スケートショー、自転車ショーが同時に開催でき、4万人もの聴衆を収容できるホール」といったものでした。さすがに実現はできませんでしたが、このアイデアは常に建設計画の根本にあり、後に当時の有名な劇場建築家フェルディナンド・フェルナー、ヘルマン・ゴットリープ・ヘルマーと共に1911年に建築が始まり1913年に完成した建物は、大ホール、モーツァルトホール、シューベルト・ホールではそれぞれ別々のコンサートを、他のホールに支障を施すことなく開催する事ができます。

1913年10月19日に当時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世臨席の下、柿落としが行われます。このコンサートの為にリヒャルト・シュトラウスは5管編成の「祝典前奏曲」を作曲し、初演しました。このコンサートの後半はベートーベン第九へと続きますが、このプログラムの組み合わせは「新しい芸術と伝統的な作品の融合」という、コンツェルトハウスのその後今日まで至るアイデンティティーの基礎を確立しました。

尚、現在ではウィーン交響楽団、ウィーン室内管弦楽団などのフランチャイズホールになっています。

 

ウィーン·コンツェルトハウスへのアクセス

公共交通機関: 

地下鉄:U4 シュタットパーク(Stadtpark)より徒歩3分

地下鉄:U4/U1カールスプラッツ駅から徒歩10分

トラム:D/2/71 シュバルツェンベルガープラッツ(Scwarzenbergerplatz)より徒歩3分

タクシー: 
最寄りのタクシースタンドはホテルインターコンチネンタル(地下鉄4シュタットパーク駅出てすぐ)内、又はホイマルクト通りのホテルアムコンツェルトハウス(コンツェルトハウル正面入り口の反対側)内。

 

大ホール

600以上の小部屋に囲まれた、コンツェルトハウスの心臓部。大スペースでありながら古典バランス感覚も組み込まれて設計されている。そのステージは、長年に渡って多くの忘れられないコンサートのが繰り広げられて来ました。ここは、演奏者、聴衆、空間を乗り越えた独特な音が完成される空間です。 

世界的に有名なオーケストラ、名ソリスト、大指揮者、伝説ジャズ·ミュージシャン、様々なジャンルの音楽家にとって1800人以上収容できる大ホールは間違いなく理想郷であると言えます。

大改装後の1999年より、大ホールは更なる輝きを放っています。技術が向上し、より快適になりながらもホール内の伝統的な優雅な雰囲気は損なわれずにいます。大ホールがかもし出す独特の雰囲気により、様々なジャンルの音楽家の幅広い活動が可能です

 

 

モーツァルトザール

オープンで気品のあるモーツァルトホール。その比類のない輝きにより、国際音楽舞台の宝石とも言える美しさを誇ります。

座席数700席余りの為、適度に集中し、リラックスして聴けるホールであり、室内楽、リサイタル、小オーケストラなどの公演に適しています。

その美しい音響は世界的に高い評価を得、名高いアンサンブルや名ソリスト達はこのホールを録音会場としても使用しています。

その為、大改装の際には、ェルトハウス内の他の全てのホール同様、モーツァルトホールにも直接レコーディングスタジオ、技術、制御室が隣接されました

 

 

 

 

シューベルトザール

 

シューベルトザールはエレガントで祝祭的な雰囲気をかもし出し、サロン会場に最適です。

座席数320、室内楽コンサートはもちろん、パーティーやレセプション、ディナー、食事付き講演など幅広く使用されています。ランチタイムコンサートシリーズは常に人気です。

多くの若手音楽家がこのシューベルトザールでキャリアの第一歩としてのコンサートを行います。



座席数:320
リアム:240㎡
表彰台:50㎡

 

類似したイベント