トリスタンとイゾルデ ウィーンオペラ

チケットを購入する
APR 2022 Next

トリスタンとイゾルデ Tristan und Isolde

 

作曲&台本:リヒャルト・ワーグナー

初演:1865年6月10日ミュンヘン宮廷劇場

 

あらすじ

時と場所:中世の初め

開幕前の出来事:

トリスタンはイゾルデの従兄で婚約者でもあったモロルトを殺したが、その際自らも傷を負い、治療の秘術を知るイゾルデのもとにタントリスという偽名でやってきた。しかしイゾルデはトリスタンの正体を見抜き復讐をしようと剣をかざす。ところがトリスタンの目を見たイゾルデは彼を愛するようになり、その剣を落としてしまった。そのあとイゾルデはマルケ王の花嫁に選ばれ、この日、船でコーンウォールの城へ送られることになった。その舵手となったのがトリスタンであった。

 

〈第1幕〉

前奏曲:冒頭はチェロとオーボエによる「憧れの動機」で始まる。この幕で、トリスタンとイゾルデが媚薬を飲んで眼差しを交わし、愛に目覚める場面の音楽である。その先は、時折ためらいを交えながら、「愛の情熱」がうねるように進行する。やがて寄せては返す大波のような「法悦の動機」が次第に高まり、頂点に達したところで急速に減衰する。低弦による暗い静かな音楽となり、二つのピツィカートで「前奏曲」が終わると幕が上がる。

第1場:アイルランド王国からブリテン島南西部コーンウォール王国へ向かう船の上。アイルランドの王女イゾルデがコーンウォールのマルケ王の妃となるべく、侍女のブランゲーネを伴って船でコーンウォールに向かっている。

第2場:イゾルデを護送しているのはマルケ王の甥で忠臣のトリスタンだが、彼はかつてイゾルデの婚約者モロルトと決闘し、これを倒したものの、重傷を負って偶然イゾルデに命を救われたことがあった。

第3場:トリスタンはタントリスという偽名を名乗ったものの、イゾルデは正体を見抜き、この婚約者の仇を愛してしまったのだった(タントリスの歌)。

第4場:トリスタンと愛の黙契を交わしたと信じるイゾルデは、彼がいまや自分を主君の妃にしようとしていることに腹を立て、償いとして彼に心中を求める。

第5場:トリスタンはこれを受け入れ、二人は毒薬をあおるが、それはブランゲーネがすり替えていた愛の薬だった。コーンウォール到着を目前にして、たがいに押し殺していた二人の愛の炎は燃え上がる。

 

〈第2幕〉

第1場:コーンウォールのマルケ王の城の庭。マルケ王と結婚させられたイゾルデだが、王が夜の狩りに出かけるというので、ひそかにトリスタンを城に呼び寄せる。ブランゲーネを見張りに立て、イゾルデが松明を消すと、胸を躍らせてトリスタンがやってくる。

第2場:二人は抱き合い歓呼の声を上げるが、やがて寄り添って座り、昼を呪い夜を讃えながら、長い陶酔の時を過ごす(愛の二重唱)。ブランゲーネの警告も全く耳に入らない。二人の愛の高まりが絶頂を迎えようとした瞬間、突然明かりがともされ、トリスタンの親友だったはずのメーロトがマルケ王を連れて乱入してくる。

第3場:メーロトの訴えのとおり、忠臣と王妃の裏切りの現場を目の当たりにした王は衝撃を受け、嘆き悲しむ(マルケ王の嘆き)。トリスタンはあえて弁明をせず、イゾルデを「夜の国」へと誘い、メーロトに決闘を挑むと、わざと彼の剣に身を投げ出して、傷つき倒れる。

 

〈第3幕〉

第1場:フランス北西部のブルターニュ地方、カレオールにあるトリスタンの城の庭。重傷を負ったトリスタンを従者のクルヴェナルは故郷のカレオールに運んだ。死を願いながらも幼年時代に想いを馳せるトリスタン。彼の傷を治すことができるのはイゾルデだけだが、彼女はなかなか到着しない。やがて見張りをしていた羊飼いが、舟が近づいてくることを報告する。クルヴェナルの目にも船が近づくのが見える。トリスタンはイゾルデが乗っている印の旗が立っていることを聞いて喜ぶ。

第2場:クルヴェナルがイゾルデを迎えに行っているあいだ、トリスタンは重傷の身を顧みず狂喜乱舞するので、イゾルデが到着するが早いか、こと切れてしまう。嘆き悲しむイゾルデ。

第3場:そこへマルケ王の一行もやってくるので、乱心したクルヴェナルはメーロトを討ち取り、自分も戦死する。マルケ王はブランゲーネから事情を聞いて、二人を許しに来たのだったが、死者たちを前にして嘆く。やがて放心状態のイゾルデが立ち上がり、トリスタンへの愛を歌いつつ静かに息を引き取る(イゾルデの愛の死)。(幕)

プログラムとキャスト

ウィーン国立歌劇場

 

EUROPERA Ticketではウィーン国立歌劇場のチケットのご予約を承ります。

ご予約いただいたチケットは劇場、又はオペラ座すぐ隣に我々のオフィスでお受け取り頂けます。

又、ウィーンで開催されるクラシックコンサートは勿論、ご希望であればオペラ座近くのホテルやレストランのご予約も可能です。

連絡先

住所:Operring 4, A-1010, Wien

電話:+43 19688622

メール  : office@vienna-concert.com 

 

 

公共交通機関

地下鉄: U1、U2 、 U4
トラム: 1 、 2、D 、62 
バス: 59A
停車駅:カールスプラッツ/オペラ Karlsplatz/Oper
タクシースタンドが近くにあります。又、公演終了時にはタクシーが劇場前に待機しています。ホテルまでのお帰りがご心配な方にはタクシーのご利用をお勧めします。



歴史


ウィーン国立歌劇場はウィーン造形アカデミーの建築家アウグスト・シカート・フォン・ジッカルツブルクとエドゥアルト・ファン・デア・ニルが共作で設計し、1869年5月25日、当時の皇帝フランツ·ヨーゼフと皇后エリザベートの存在下で、モーツァルトの「ドン・ジョバンニ」により盛大にこけら落としが行われました。

 

フランツ·フォン·ディンゲルシュテット(劇場支配人・詩人)、ヨハン・ヘルベック(指揮者・作曲家)、フランツ・ヤウナー(演出家・劇場支配人)、ヴィルヘルム・ヤーン(指揮者)などの芸術的影響を受け、オペラ座の人気は益々高まっていきました。1897年に総監督となったグスタフ・マーラーは、古い上演システムを改新し、新しい舞台芸術を取り入れ、新世代歌手を積極的に起用するなどの第一次改革を行い、その後後継者たちにも引き継がれていきました。

又、マーラーはそれまでオペレッタを上演しなかったオペラ座にヨハン・シュトラウスの「こうもり」を正式なレパートリーとしました。

 

20世紀になると、総監督のリヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」(1916年10月4日)や「影のない女」(1919年10月10日)の初演が行われます。

 

第二次世界大戦中、1938年から1945年年間はオペラ座暗い時代を迎えます。ナチスの下で多くの団員が追放・殺害され、様々な作品が上演禁止になりました。

1945年3月12日、連合軍の爆撃により舞台は破壊され、建物は火災に遭います。その後、ウィーン・フォルクスオーパーやアン・デア・テアーターウィーン劇場が仮の拠点となり、1955年11月5日カール・ベームによる「フィディオ」の上演で再開を果たします。

1956年に芸術監督に就任したヘルベルト・フォン・カラヤンはイタリア語やその他の外国語作品もドイツ語による上演を行ってきたそれまでの慣例を破り、原語上演の方針を導入し、これはその後ドイツその他の大劇場にも波及しました。

 

今日ウィーン国立歌劇場は、多大なレパートリーが故世界で最も重要なオペラ座の一つとみなされています。

 

2010年9月1日以来、音楽監督はフランツウェルザー=メスト、音楽総監督はドミニクマイヤー。

© Bwag/Commons
©
類似したイベント